腸閉塞は食べ物の消化が不十分になってしまう病気

症状や原因、治療法など

病院

症状や原因

腸閉塞とは、食べ物を体内に取り入れたあと、何らかの原因によって消化や吸収が上手くいかず、腸内に詰まった状態をいい、別名ではイレウスと呼ばれます。内容物の消化や吸収、排泄を促す機関の働きが滞ってしまうことにより、お腹の張りや圧迫感、内容物の逆流による激しい嘔吐感などの症状が現れます。これらの症状が出たとしても、単なる腹痛や体調不良と考えてしまい、受診や治療が遅れてしまうことが多いです。重度の腸閉塞は、場合によっては死に至ることがあるので、違和感を感じたらすぐに医療機関へ相談することが重要です。腸閉塞の主な原因としては、腸の内外によるものが考えられます。腸の外側における原因としては、外部からの物理的な圧迫や、以前受けた開腹手術によって出来た癒着によるものなどが挙げられます。腸の内側における原因としては、大腸がんや便秘によって引き起こされるものなどが挙げられます。腸閉塞は再発する可能性があるので、特に開腹手術を受けたことがある場合は、日頃から注意深く観察しておくことが大切です。

治療法や予防法など

腸閉塞はほとんどの場合、外科手術は必要とされず、薬物療法や、病院においての経過観察によって徐々に緩和していきます。具体的な内容としては、腸に詰まっている内容物を、自然と消化や吸収、排泄が可能になる量になるまで、チューブなどによって少しずつ体外へ排出する方法や、薬物によって消化や吸収、排泄を促す方法などです。重度の腸閉塞の場合や、原因が大腸がんや便秘など体内に存在する場合は、開腹手術によって治療を行います。この場合は予後において注意が必要で、腸閉塞の原因の1つに開腹手術を行ったことによる癒着が挙げられ、術後の経過をしっかりと観察しないと、腸閉塞が再発する可能性があります。予防法としては、腸に過大な負担を与えないように、1度に物を多く食べないことや、便秘にならないような生活習慣を心掛けることなどが挙げられます。

健康な肺でいるために

看護師

肺がんとは、呼吸をする時に重要な働きをしている気管・気管支・肺胞のいずれかががん化してしまう病気のことを言います。この肺がんは、タバコを吸う人よりも吸わない人の方がリスクが低くなると言われていて、禁煙をすることが予防には非常に重要です。

もっと知ろう

ほかの免疫療法との違い

メンズ

人の免疫細胞にはいくつか種類がありますが、そのうちの樹状細胞を活性化させて使うのが樹状細胞療法です。これはがん細胞を攻撃できるT細胞に対して、樹状細胞が指示を出すことができるという性質を利用したがん治療法です。

もっと知ろう

血管を若く保つには

病院

脳梗塞は誰にでも起こる可能性のある病気ですが、予防を心掛けていれば発症リスクはかなり減らせることが分かっています。血管を若く保つためには、脂質の高い食事は控え、有酸素運動などの適度な運動を毎日続けるとよいでしょう。

もっと知ろう