腸閉塞は食べ物の消化が不十分になってしまう病気

ほかの免疫療法との違い

メンズ

免疫療法はいろいろある

がんの免疫療法は近ごろ多くの医療機関で積極的に行われるようになってきています。とはいえがんの免疫療法にはいくつか種類があり、そのどれもが「自分自身の細胞を使うので拒否反応が出ない」「抗がん剤のような副作用がない」「体力が低下した患者でも治療を受けられる」というメリットをうたっています。それでは、免疫療法の中の樹状細胞療法とはどのような治療法なのでしょうか。免疫療法に用いられる免疫細胞には、T細胞、NK細胞、樹状細胞などの種類があります。それぞれに長所と弱点があるので複数の免疫療法が行われているのです。T細胞とNK細胞は直接がん細胞を攻撃しますが、樹状細胞療法で用いられる樹状細胞の役割はそれらの細胞とは多少異なっています。

T細胞にがん細胞を教える

樹状細胞療法の中心となる樹状細胞は、直接がん細胞を攻撃する力を持つT細胞に対して、どの細胞ががん細胞であり攻撃を加えるべきなのかを教え示すという役目を持っています。つまり、T細胞を活性化してもT細胞自身にはどの細胞を攻撃してよいかわからないので、指示してくれる樹状細胞が必要なのです。樹状細胞療法によって樹状細胞を活性化すれば、それだけ体内のT細胞に指示を出す樹状細胞の数を増やすことができます。一方、NK細胞の場合は樹状細胞から指示を出してもらわなくてもがん細胞を攻撃できるという性質を持っています。ところが、NK細胞を増殖させるのはT細胞の場合ほど簡単ではありません。このようにそれぞれ優れた点と弱い点とがあるので、免疫療法を選ぶときはそれぞれの特徴を理解した上で決定することが大切です。