腸閉塞は食べ物の消化が不十分になってしまう病気

血管を若く保つには

病院

血栓ができやすい人とは

脳の血栓は自分では見えないため、知らないうちに進行してしまい誰でにも脳梗塞を起こす可能性があります。そうならないためにも日頃から予防することが大切です。その中でも、脳梗塞を発症するリスクが高い人の特徴があります。日頃から血圧が高い人は血管を傷つけていることがあり、血栓ができやすくなると言われています。また、血液検査で悪玉コレステロールが高いと言われた人は注意が必要です。これは、悪玉コレステロールによって血管が動脈硬化を起こしやすいと言われているからです。その他にも糖尿病の持病を持っていると、血液がドロドロになってしまい血管が詰まりやすくなるのです。原因となる持病の改善が脳梗塞の予防となります。脳梗塞を起こしやすい生活習慣もいくつかあります。太りぎみであったり、タバコを吸っている人やお酒を大量に飲む人です。通常より脳梗塞の発症リスクが高いことが分かっています。脳梗塞防を予防するにはこれらの生活を改善することから始めましょう。その他にも具体的に脳梗塞を予防するには、日常生活の中で何に気をつければ良いでしょうか。

長寿の秘訣は血管にあり

脳梗塞や他の生活習慣病に共通して言える予防法がいくつかあります。まずは健康の基本とも言える食事の内容です。普段からファーストフードや脂っこいものを頻繁に食べている人は、内容を改善し予防する事が大切です。脂っこい食べ物は血液をドロドロにし、脳梗塞の原因となります。次に適度な運動を心掛けることによって、血管年齢を若返らせることができます。1日30分程度の有酸素運動が特に効果的であると言われています。体を動かすことによって、日頃溜まったストレスも解消できるので一石二鳥と言えます。運動は続けることにより効果が現れます。続けていれば適切にカロリーを消費でき、体型の維持や血管を健やかに保つことができます。